Inshotの書き出しエラーへの対処法(2022年2月)


スマートフォンで撮影から編集、アップロードまで可能なInshotですが、書き出し時にエラーが起きる問題があります。


私の所でもiPhone版のInshotでこの2020年に入ってから頻繁に発生するようになりました。

というのも、20分を超える動画を制作、リリースするようになってからなので、調べてみると実際にはかなり前からのバグとしてあったようです。

様々なサイトで言われている解決法をまとめてみます。


  1. 症状としてこんな感じ

  2. そうなったら試してみること(レベル別)

  3. 発見、書き出しエラーを乗り越えるバグ技


1.症状としてはこんな感じ


編集後、書き出しを選択して書き出すと


最終的に書き出しエラー、で、再び書き出すとかやってもダメ。


一番は、容量不足です。


著者は256GのiPhone11pro。ゲーム実況動画をiPhoneだけで行っています。

で、素材ファイルと書き出しファイルでおよそ2倍のファイル容量が増えてしまいます。


50Gを切った頃からなんだか「あれ?」という状況が増えてきます。

なので、ファイルを移動して容量を増やして殆どの場合が解決です。


残りの容量として100Gぐらいは取っておいたほうがいいかもしれません。

PCへのバックアップは忘れずに!


2.そうなったら試してみること(レベル別)


ただ、どうしても容量を増やすことができない…どうにか現状で〜という場合に試してみること(レベル別)

レベル別と書きましたが、基本レベル2まで全部やりましょう。


レベル1

Inshotの再起動

ドラフトファイルのコピーからの書き出し(★)

Inshotアプリのアップデート


レベル2

Inshot設定→キャッシュ削除(★)

写真→最近削除した項目の削除(★)

iPhone本体の再起動


レベル3

iPhone本体のアップデート


レベル4

Inshot再インストール(全データが消えるのでやりたくない!)


の4つのレベルではないか?と思います。

★は実際に効果が確認できた検証で、かなりの確率(確率論になるのが残念です)で書き出しエラーが解消されます。

で、レベル4は最終手段。