top of page

AIと共創する企業広報番組の新時代



企業広報番組の企画や映像制作にAIを取り入れることは、今日のビジネスシーンにおいて革命的な変化をもたらします。

AIの導入は、創造性の拡張や作業効率の飛躍的な向上を約束し、企業がターゲットオーディエンスに新しい方法でアプローチする機会を提供します。

このブログでは、AIが企業広報番組の企画制作においてどのように活用できるか、そのメリットと、人間のクリエイティビティが依然として重要である理由を探ります。




企画制作にAIを使うメリット


AIを活用することで、広報チームは大量のデータを迅速に分析し、トレンドを把握してターゲットに合った企画を素早く立案できます。

例えば、過去の成功企画や市場のニーズをAIが分析し、それに基づく新しい提案を即座に出すことができるのです。

このプロセスは、企画段階での時間を大幅に削減し、より多くの時間をクオリティの向上や他の創造的作業に充てることが可能になります。



ChatGPTによる企画アイデア生成


AIが企画案を提供する一方で、最終的なキーワードは「人」になる理由は、企業広報が根本的に人間の感情や価値観に訴えかける活動だからです。

AIはデータやトレンドを分析することで有用なアイデアを提供しますが、それを人間が関心を持ち、感動するストーリーに昇華させるのは人間の役割です。

技術が進歩しても、人間の感情に寄り添うことの重要性は変わりません。


特におすすめなのは有料版のChatGPT4です。

無料版と比べて反応速度や決めの細かい回答やPDFやインターネットのURLなど参考にしたい文献を取り込んで資料をつくることができます。

ChatGPT4は月額20ドルになります。




アイデアのキーワードは「人」


アイデアの中心には人がいなければなりません。

AIが企画案を提供する一方で、最終的なキーワードは「人」になる理由は、企業広報が根本的に人間の感情や価値観に訴えかける活動だからです。

AIはデータやトレンドを分析することで有用なアイデアを提供しますが、それを人間が関心を持ち、感動するストーリーに昇華させるのは人間の役割です。技術が進歩しても、人間の感情に寄り添うことの重要性は変わりません。



番組企画のためのプロンプト例


番組企画のためのプロンプトを考える際には、AIが具体的かつ実用的なアイデアを提供するための詳細な情報が必要です。

ここでは、効果的なプロンプト作成のためのアプローチを幾つか紹介し、それらを踏まえた例を具体的に挙げます。

まず、プロンプト作成の際に考慮すべき点は以下の通りです:


  1. 明確な目的:プロンプトは、何を達成しようとしているのかを明確にする必要があります。これは、企画の目的や目指す影響を具体的に記述することで達成できます。

  2. ターゲットオーディエンス:誰をターゲットにしているのかを特定します。年齢、興味、地域など、オーディエンスの特徴を細かく定義することが重要です。

  3. テーマやトピック:番組の中心となるテーマやトピックを明確にします。これには、社会的トレンド、技術革新、文化的価値などが含まれます。

  4. スタイルやトーン:番組が追求するスタイルやトーンを指定します。教育的、娯楽的、啓発的など、番組がどのような体験を提供するかを考えます。

  5. 具体的な要素:地域のイベント、特定の技術、人物など、取り上げたい具体的な要素をプロンプトに含めます。


プロンプト例

持続可能性をテーマにした企業広報番組

  • プロンプト:「2030年に向けての持続可能な生活を推進する企業の努力をハイライトする広報番組のアイデアを提案してください。この番組は、20から35歳の若者を主なターゲットオーディエンスとし、彼らが日常生活で持続可能な選択をするためのインスピレーションとなる内容を求めています。番組は、最新のエコテクノロジー、持続可能なファッション、ゼロウェイストライフスタイルの実践例を取り上げ、教育的かつ楽しいトーンで展開されます。特に注目すべきは、地域コミュニティが取り組む環境保護活動や、持続可能性に貢献する新興企業の紹介です。」


このプロンプトでは、明確な目的(持続可能な生活を推進)、ターゲットオーディエンス(20から35歳の若者)、テーマ(持続可能性)、スタイル(教育的かつ楽しい)、具体的な要素(エコテクノロジー、持続可能なファッション、ゼロウェイストライフスタイル)を設定しています。これにより、AIは具体的な番組企画のアイデアを提供するための豊富な情報を得ることができます。

プロンプトをこのように構成することで、AIは具体的かつ実用的なアイデアを生成することが可能になり、企業広報チームはこれらのアイデアを基に創造的なプロセスをさらに発展させることができます。このアプローチにより、企画段階から視聴者に響く、意味のある広報番組の開発が期待できます。



まとめ


AIの進化により、企業広報番組の企画や映像制作は新たな段階に入っています。AIを活用することで、効率性が向上し、未探索のアイデアが生まれやすくなります。しかし、AIが提案するアイデアを人間が感動的なストーリーに変えることが、最終的な成功の鍵を握ります。技術と人間のクリエイティビティが融合することで、企業広報はさらなる高みを目指すことができるのです。




閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page