top of page

【教育担当者必見】Z世代向け学習効果が高い動画教育方法とは?



インターネットとデジタルメディアの発展は、情報の消費方法を大きく変えました。特に、Z世代以降の若者たちは、情報を得る主な手段として文書ではなく、動画やSNSを利用する傾向にあります。これは、情報提供者にとって新たな課題を生んでいます。


■項目■



集中力の変化


科学的研究によれば、人間の平均的な集中力は過去20年間で大きく低下しています。

20年前は一つの事に集中できる時間が平均約2分30秒であったのに対し、現代では1分未満となっているとされます。

この集中力の低下は、情報の摂取方法にも影響を及ぼしており、特に若者たちの情報消費行動に顕著な変化をもたらしています。

説明をきちんとしたいとかんがえるあまり、ひたすら難解な文書を書いてしまう…もしかしたらそんな教育コンテンツがたくさんあるのかもしれません。



文書を読まない若者へのアプローチ


Z世代の若者たちは、長文の読書よりもビジュアルコンテンツや動画を好んで消費します。

この変化に応じて、教育機関や企業は情報の伝達手段を見直し、より動画に焦点を当てたコミュニケーション戦略を採用することが増えています。

動画ならば、視覚的な刺激と短時間で情報を伝えることが可能です。



短い動画の重要性


しかし、すべての動画コンテンツが効果的であるわけではありません。

若者たちは自分の興味や好みに応じて選択的に動画を視聴します。彼らは時間に敏感であり、無駄な時間を避けるためにも、コンテンツは短く、かつ魅力的でなければなりません。長い動画は好きなものだけを見る傾向にあり、情報提供者はこの点を意識する必要があります。

集中力がない人にしってもらうためには「短く繰り返す」「キャッチーな仕上がりにする」「重要な部分を強調する」という方法が重要になります。

ヒントは【TikTok】にあります。



インタラクティブな動画の利用


情報を効果的に伝えるためには、ただ短い動画を多く提供するだけでなく、視聴者が参加できる形式を取り入れることが重要です。

TikTokのような動画を教育担当者がひたすら作っても「完全にスルー」されてしまいかねません。

そこで問いかけを挟みます。

問いかけを挟むことで、視聴者に自ら考えさせ、より深く内容を理解させることができます。これにより、単なる情報の受け手ではなく、能動的な学習者へと変化させることが可能です。

問いかけにはちょっとしたコツが入りますが、興味深くついついやってしまうようなテクニックが必要です。



まとめ


日本におけるZ世代の情報摂取行動は、これまでの方法とは大きく異なります。

文書を読む習慣が減少する中、短い動画やインタラクティブなコンテンツを通じて、効果的に情報を提供する方法が求められています。

これにより、情報の伝達者は新たな形で若者たちにアプローチすることができるでしょう。


ご興味ありましたら、より詳しくお話をさせてください。

Zoomでお伝えいたします。



閲覧数:17回0件のコメント

Comentarios


bottom of page