配信番組をリモートでやっちゃうというStreamYardの紹介

更新日:2021年12月5日

Streamyardという配信サービスをご存知でしょうか?

Web上で様々な場所やカメラのスイッチングができる配信サービスです。


https://streamyard.com/

Zoomのように個々にアカウントを設定することなく、スマホやPCのカメラと連携して切り替えての配信ができるサービスなので


Web上で番組ができてしまう


わけです。


使い方も簡単です。

具体的な使い方は後日ご紹介しますが、無料版でできることは


  • 6名(6個)までのカメラ

  • リモートでのカメラ切り替え

  • 映像の挿入

  • テロップの挿入

  • 8つの画面構成

  • PowerPointなどの画面共有

  • スマホでの連携も可能

という形でブラウザで動作するアプリなので少人数の会議にも向いています。

また、ライブ配信にも長けていて


月額39ドルで8つのサービスへの配信が可能です。


8つもいるのか?


というぐらい様々なところに配信できますので、広く告知したい!という方にはもってこいのサービスです。


月額20ドルのプランでも

10人までの配信や3つまでの配信でいけますのでこれで十分です。


カスタムRTMPを使えば、

例えば弊社で強力に推しているWixを利用すると




ログインした人にだけ見せるオンラインスイッチャーでの番組作成が可能になります。


配信番組をもっと身近にしていくことができるサービスです。


広報誌もいいですが、広報ライブ番組の制作を弊社ではお手伝いしております。


番組テロップのデザイン、OP動画、エンディング動画、コーナータイトル

など自社でつくるとどうしても素人っぽくなってしまう部分を低価格でお手伝いし、カメラの切り替えはもちろん弊社スタッフが担当します。


価格は1時間配信で5万円(税別)から〜


カメラや配信のセッティングを皆さんで行っていただくため、

事前のレクチャー(2回で10万円)を受けていただく必要があります。

しかし、1時間番組を1年間(12回以上制作する場合)契約の場合はレクチャーは無料で受講可能です。


ご検討ください。




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示