ハウスメーカーがつくる動画はこれで決まり!

ハウスメーカーも映像を駆使してお客様にアプローチする時代が来ました。

今回はハウスメーカーは自分たちでどうやって映像をつくったらいいか?にフォーカスしてお伝えしていきます。

映像は実はあらゆる分野の商品の詳細をお伝えすることができる優れたツールです。

ただ、作り方と使い方を誤るとまったく効果がなく、【考え方】と【やり方】がとても重要な要素になります。


誰にどうやって伝えていくか?


基本的な部分で重要になってくること、それはお客様がどういう状態になりたいのか?を理解すること。それにアプローチするためには何が必要なのか?を考えることです。

ハウスメーカーに関して映像を作る場合3つの要素を深堀りしていきます。


★1 お客さまと作りての受け取り方の違い

★2 モデルハウスに来てもらうのが最善策ですが

★3 実際に映像の作り方!(皆さんで作れます!)


 

お客さまと作りての受け取り方の違い


お客さまと作り手の一番の違いはなんでしょうか?

これは映像の制作にも言えること、要するにすべての作り手に言えることですが、


イメージ出来るかどうか?


ということになります。

ヒトコト言っただけですべての事ができてしまう人はいないです。

ほとんどの人が何らかの説明をしてもらわないとわかりません。

そこで

  • パース図

  • CADのCG

などを見てもらうということになると思います。。

でも…おそらくそれでもイメージしてもらうのは難しいのではないでしょうか?


どうしたらいいのでしょうか?


モデルハウスに来てもらうのが最善策ですが


これが答えです!

ただ…色々デメリットもありますよね。

  • 建設費が掛かる(土地、家屋)

  • 建設に時間がかかる

  • 維持費が掛かる

  • モデルハウスに来て貰う必要がある

まぁ一番のデメリットは費用面ですね。

とても費用がかかるのでこれができたらいいですが、難しいのではないでしょうか?

先に触れたパースでの説明だと伝わりきれないものがモデルハウスでは触れて見れるというのが最大のメリットですが、コストを考えるとかなり難しいです。


そこで映像の出番です!


実際に映像の作り方!(皆さんで作れます!)


では実際にどんな映像をつくったらいいか?

まず、ユーザーが一番知りたいのは

  • 住みやすい工夫がされているのか?(実際住みやすいの?)

  • 丁寧に作ってくれるのか?