top of page

2024年SNSサブスクリプションがもたらす広告のこれから




2023年末、ヨーロッパでFacebookやInstagramを擁するMeta社は毎月およそ10ドルで広告なしのサブスクリプションモデルの提供を開始したようです。

Youtubeもそうですが、こうしたサブスクの流れはもはや避けられない現状にあります。

もちろん一般のユーザー目線で言えば


「広告なんてどうってことない。そんなことに10ドル出すなんてまっぴらだ!」


ということになるのだと思います。

しかし、広告を載せてアピールしようと考えている企業からすると大打撃ではないでしょうか?なにせ、商品を買ってほしいお金持ちのユーザーはたった10ドルでうざったい広告を非表示にできるわけですから…


SNSの広告がお金を持っているユーザーに届きづらくなるということは今後のSNSに広告を掲載しようと考えている企業にとって非常に重要なテーマになると思います。


しかしご安心ください。

もっと様々な人にリーチさせるという手法があります。


思わず見てしまう広告ではない【コンテンツ】としての映像作品の制作と自社で取り組むための教授です。


弊社では昨年、埼玉県越谷市で行われました越谷技博のなかで、Instagramリール動画教室を行いよりリーチしやすい【SNSコマーシャルコンテンツとしての動画】の講義をおこなわせていただき、おかげさまで満員御礼となりました。

この際、受講生のInstagram投稿のリーチ数も受講前に比べ5〜10倍のリーチを獲得しました。


コマーシャルコンテンツ動画のポイントとしては


・ショート動画

・お役立ち情報コンテンツ


の2つになるかと思います。


ショート動画

60秒以内に伝えたい情報を沢山詰め込んでお届けする手法ですが、いきなりやったことない人がこの情報を沢山つめこむことを行うことは難しいです。

動画には見やすくさせるセオリーや効果的な手法があります。他の動画からパクることは大変重要な要素ですが基礎を学ばなければバズった動画がない分野で効果が出る映像をつくることはできません。


お役立ち情報コンテンツ

に関しては自社のサービスで特にこだわっているもの、一般の方自分で行いたい場合に陥りがちな情報を優しく伝えていくコンテンツです。

こちらも一定の需要はありますが、特に取り上げたほうがいいものは【お問い合わせ】や【クレーム】に関することです。

こちらに関してはサービスに対する理解を深めていただくことなどで会社の好感度をアップさせることにも一役買います。


このような2つを複合的にかけあわせ会社にとって必要なものにしていくことが【企画】になります。

弊社ではもちろん技術もお伝えしますが、この企画の考え方に関してもお伝えしてまいります。

広告が打ちづらくなってくる近い未来にむけて、企業向けの研修プログラムとしてのコンテンツ制作を丁寧に講義させていただきます。



講義の内容や詳しい情報は以下リンクよりお問い合わせください


閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page