top of page

サイバー攻撃対策に必須!効果的なセキュリティ教育動画の作り方



2023年11月27日、LINEヤフーがサイバー攻撃を受け、40万件以上の個人情報が流出した可能性が報告されました。この情報には利用者の年代、性別、スタンプ購入履歴などが含まれますが、クレジットカードやメッセージ内容などの機密情報の流出は確認されていません。今回の事件は、韓国のネット大手「ネイバー」が攻撃を受け、システムを共有するLINEヤフーに波及したものです。このようなサイバー攻撃の脅威に対処するためには、従業員への適切な教育が不可欠です。


Index



1. サイバー攻撃と情報流出に対する教育の重要性


1-1. 企業内教育の必要性とその効果

企業内教育は、従業員のスキル向上と企業の安全性を保つために重要です。特にサイバー攻撃のリスクが高まる現代では、全従業員が基本的なセキュリティ知識を持つことが必要です。教育を通じて、従業員は攻撃の兆候を早期に発見し、迅速な対応が可能になります。また、企業のセキュリティ文化を醸成することで、全体的なリスクを低減する効果があります。


1-2. サイバーセキュリティ教育の具体的な項目

サイバーセキュリティ教育には、以下の項目が含まれます。まず、フィッシング詐欺の見分け方や、安全なパスワードの設定方法などの基本的なセキュリティ対策を学びます。また、データの取り扱いに関するベストプラクティスや、ソーシャルエンジニアリングの手口についても教育します。さらに、実際の攻撃事例を用いたシミュレーション訓練を行うことで、従業員の実践力を高めることができます。



2. 教育動画の有用性と作り方


2-1. 教育動画の導入とそのメリット

教育動画は、視覚と聴覚を活用することで、従業員の理解を深める効果的なツールです。特にサイバーセキュリティのような複雑な内容を扱う場合、動画は視覚的に情報を伝えることで理解しやすくなります。さらに、動画は何度も繰り返し視聴できるため、従業員が自分のペースで学習でき、記憶の定着にも寄与します​​。


2-2. 効果的な教育動画の作成ステップ

教育動画を効果的に作成するためには、以下のステップを踏むことが重要です。まず、教育の目的とターゲット視聴者を明確にします。その後、伝えるべき内容をリストアップし、シナリオを作成します。次に、高品質なカメラやマイク、照明を準備し、適切な編集ソフトウェアを選定します。撮影と編集のプロセスでは、視覚的に分かりやすく、テンポ良く進行することを心掛けます。最後に、インタラクティブな要素を取り入れることで、視聴者の関心を引き続けることができます​​。



まとめ

サイバー攻撃の脅威が増す中で、企業は従業員への教育を徹底することが求められています。特に、教育動画を活用することで、従業員の理解と記憶の定着を促進し、企業全体のセキュリティレベルを向上させることが可能です。株式会社山崎メディアミックスは、企業の教育コンテンツ作成をサポートし、効果的なセキュリティ教育を実現するお手伝いをいたします。




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page