top of page

【成長する中小企業へ】スマホで学ぶ映像制作が社員の自主性を高める理由



人的資源の価値を上げるために!


近年、多くの企業が「人的資源の価値を高める」という目標に向かって動き始めています。特に中小企業にとっては、限られたリソースの中でいかにして社員の能力を最大限に引き出し、競争力を高めるかが重要な課題となっています。こうした背景から、社員一人ひとりが発信力を持ち、自主的に情報を発信するスキルの重要性が高まっています。


このブログでは



Z世代の価値観とキャリア形成


Z世代、すなわち1990年代後半から2010年代初頭に生まれた世代は、デジタルネイティブとして育ち、情報収集や発信の手段として動画を活用することに慣れ親しんでいます。

この世代は自己表現を重視し、自らの意見やアイデアを共有することに価値を見出しています。そのため、キャリア形成においても、自分自身をアピールできるスキルやツールを求める傾向があります。

彼らは自分でネットで調べてそのようなツールを利用して趣味で発信することはありますが、当然ながら会社の製品やサービスの発信したことはありません。

社内できちんとサポートして制作チームとして育てていくことが何より重要です。




Z世代にあった価値観で学べる映像制作


営業社員が自主的に映像を制作し、正確な情報発信を行うことは、企業にとっても大きなメリットとなります。社内の動きを視覚的に伝えることで、製品やサービスに対する理解が深まり、働きがいが生まれるのです。

以下に、具体的な映像制作のメリットを挙げます。


  1. 社内の動きがわかる: 社員が日々の業務やプロジェクトの進捗状況を動画で共有することで、全体の動きが見える化され、透明性が高まります。

  2. 製品・サービスへの理解が深まる: 製品の特長やサービスの詳細を動画で説明することで、社員自身の理解も深まり、顧客への説明もスムーズに行えます。

  3. 働きがいが生まれる: 自分の仕事がどのように評価され、どのように役立っているのかを視覚的に確認できることで、モチベーションが向上します。




何が必要か?


スマホ一つで始められる映像制作ですが、以下のポイントを押さえることで、より効果的な動画を制作することができます。

  • 基本的な撮影技術: 構図、ライティング、音声の取り方など、基本的な撮影技術を学びましょう。

  • 編集スキル: スマホで手軽に編集できるアプリを活用し、分かりやすく編集するスキルを身につけましょう。

  • ストーリーテリング: ただ撮影するだけでなく、ストーリー性を持たせることで、視聴者に響く動画を制作しましょう。




まとめ


中小企業の成長には、社員一人ひとりの発信力が重要です。

スマホで簡単に始められる映像制作講座を活用し、営業社員の自主性を高め、正確な情報発信を行うスキルを身につけましょう。

Z世代の価値観に合った学び方で、社内の動きを可視化し、製品やサービスへの理解を深め、働きがいのある職場を実現しましょう。

映像制作のスキルは、企業の未来を切り拓く大きな武器となります。是非映像制作のスキルを活用してみてください。



弊社では毎週金曜日にこしがやカフェにて映像制作講座を開催しております。

2024年5月17日からは


【会社で行う番組配信講座】をスタートさせております。


■内 容■

自社で生配信ができるようになる

日時 毎週金曜日14:00〜16:00

場所 こしがやカフェ(〒343-0022 埼玉県越谷市東大沢1-32−4シードット株式会社 東大沢ギャラリー内)

内容 映像配信ができるようになるためのコーチング

企画に関する講義30分 機材のセッティング30分 配信ソフトOBSの使い方30分 実践&FAQ30分



株式会社山崎メディアミックスではこの他にも出張で様々な映像講義を行っております。

映像制作講座に関するお問い合わせはこちらまで


閲覧数:5回0件のコメント

Comentarios


bottom of page